ログハウスの情報が満載!

ログハウスのレンタル料金

ログハウスのレンタル料金 日常生活から離れて、自然の中でゆっくりリラックスをしたいと考えている方は少なくありません。
そこで大自然の中で森林浴や屋外でのバーベキュー、海が近い場所なら海水浴が楽しめるなどログハウス型の貸別荘に宿泊するプランが人気になっています。
特にログハウスは独特のウッディな空間の中で、木の香りや風合いを楽しみながら思い切り羽を伸ばせるとして友人同士やファミリー向けに人気の宿泊先として選ばれるようになりました。
ただログハウスレンタルを利用する際に、気になるのが料金相場だといわれていますが、何人まで宿泊出来る建物なのかによっても相場は変わってきます。
たとえば6人までのファミリー層向けなら平日で40,000円、休前日なら46,000円が相場となりますし、20人までと大人数対応が可能な場所であれば最高20人の利用で49,800円と宿泊する人数が多くなるほどよりリーズナブルにレンタルすることができます。
更にペット宿泊が可能であったり、バーベキューセットやWi-Fi環境が整っているかによっても料金相場は変化します。

ログハウスのシーズンによって必要な対策とは

ログハウスのシーズンによって必要な対策とは ログハウスを建てる場合、シーズンも意識する必要があります。
こまめにメンテナンスをしても、雨や湿度が入りやすい家の場合、長期間良い状態を維持することが難しいでしょう。
長持ちさせるためにはまず、雨や湿度の侵入をできるだけ避ける必要があります。
日本は湿度が高い気候であるため、通常よりも基礎部分を高くすることがポイントです。
底板一面が鉄筋コンクリートになっている構造の場合、雨や湿度の侵入を防ぐことができますし、家が比較的長持ちするでしょう。
また、軒が深く長いことも重要なポイントです。
この部分が深く長いと雨や紫外線によるダメージを軽減することができますし、湿気による腐食を防いでくれるのです。
一般的な住宅の場合、隙間風が気になることはありません。
ですが、ログハウスの場合は壁と建具に隙間があるため、隙間風が入ってくることがあります。
これはドア枠や窓枠を大きめに作ることが原因であり、シーズンによっては窓枠の隙間にテープを貼るなどの工夫が必要となります。

新着情報

◎2024/2/16

情報を追加しました
>ログハウスは自然災害に強いとされる理由にはいくつかの要素があります
>ログハウスは維持費がかかるのがデメリットです
>ログハウスを建設することで起こるトラブル内容
>ログハウスのメンテナンスとは何をするのか
>ログハウスは省エネに配慮した家作りが可能

◎2022/4/18

情報を更新しました。
>海沿いのログハウスは景色が良い一方で注意もあり
>ログハウスのメリットはアレルギーが気にならないこと
>ログハウスは建築する都道府県に合うようにデザインを調整する
>日本の気候に合った家づくりが出来るログハウスの魅力
>ログハウスをDIYで建設することでコストを抑えることができる

◎2022/6/20

情報を更新しました。
>ログハウスの価格は坪単価や職人の有無で決まる
>ログハウスでインターネットをつなげるポイント
>ログハウスの建築にかかる金額を左右する要素
>ログハウスは自力で家を建てる場合の基本になる
>ログハウスが多くの人に人気の理由とは何?

◎2021/9/15

サイト公開しました

◎2021/7/20

サイト公開しました

◎2021/4/28

サイト公開しました

1人わぉわぉ💛ケーキ手作りなの?😳オーダーしたみたいなクオリティ〜凄い〜👏これは前に言ってたレンタルハウスなのかな?こうゆうジュノパーティー憧れる〜💕またお話し聞かせてね🤗
-->